ダイナミックカラムをマッピング - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

tMapコンポーネントでのダイナミックカラムのマッピングは、[Map Editor] (マップエディター)を使用する場合と同様に容易です。入力スキーマから出力スキーマにダイナミックカラムをドロップするだけでは、どのカラム値も変更されません。

ただし、次の制限事項が適用されます。

  • ダイナミックカラムは1対1でマッピングする必要があり、途中で変換することはできません。
  • ダイナミックカラムはフィルター式や変数では使用できません。
  • ダイナミックカラムは出力テーブルでは名前を変更できないほか、結合条件として使用することもできません。
注: ダイナミックスキーマでは、マッピング先が複数になったり、マッピング元のルックアップ入力が複数になることもあります。