MDMの動作原理 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

このタスクについて

Talend Studioで、マスターデータが準拠するルールを定義できます。

Talend Studioでガバナンスルールを設定する一般的なシーケンスには、次の手順が含まれます。

手順

  1. 1つまたは複数のビジネスエンティティを含むデータモデルを作成します。ビジネスエンティティには、サプライヤー、国、顧客、その他を指定できます。
  2. マスターデータを持続させるMDM Hub内のデータモデルに対応するデータコンテナーを定義します。
  3. 変換、データ検証、およびその他のタスクを実行する1つ(または複数)のプロセスをデザインします。プロセスは通常、プロジェクトデータに対して使用可能なプラグインのシーケンスを、ソースシステムから定義済みのデータコンテナー(MDM Hub)に呼び出します。プロジェクション中にデータが変換され、必要に応じて相互参照され、エンティティモデルに基づいて検証されます。
  4. 特定のデータレコードに対してイベントベースのプロセスが開始できるようにする1つ(または複数)のトリガー、データを変換するためのルールをデザインします。

タスクの結果

プロジェクションが終了すると、MDM Hubには、データスチュワードまたはビジネスユーザーがTalend MDM Web UIを使用してクエリーまたは抽出できる有効なデータ(モデルに準拠したデータ)が含まれています。

特定のビジネスユーザーがWebベースのユーザーインターフェイスを使用して有効なマスターデータを抽出およびクエリーするには、その前にTalend Studioで1つ(または複数)のビューを作成し、以下を指定する必要があります。

  • ビジネスユーザーが検索する権限を持つのはエンティティのどのレコードか。

  • ビジネスユーザーが表示する権限を持つのはエンティティのどのレコードか。

  • オプションで、検索の結果として配信されるには、コンテンツはどの条件を満たす必要があるか(コンテンツフィルター)。