出力リジェクト - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

リジェクトオプションは、出力テーブルの性質を定義します。

このオプションでは標準出力テーブルで定義される1つ(または複数)のフィルター条件を満たさないデータが収集されます。標準出力テーブルはすべて、非リジェクトテーブルとなります。

このように他の出力テーブルからリジェクトされたデータを1つ(または複数)の専用テーブルに収集することにより、エラーまたは予想外のデータを探すことができます。

リジェクトでは原則として、すべての非リジェクトテーブルフィルターを連結し、1つのELSEステートメントとして定義します。

出力テーブルを通常テーブルのELSE部分として定義するには、次の手順に従います。

手順

  1. 出力テーブルの上部の[tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックして、テーブルプロパティを表示します。
  2. [Catch Output Reject] (出力リジェクトをキャッチ)に対応する[Value] (値)フィールドをクリックして表示される[...]ボタンをクリックし、[Options] (オプション)ダイアログボックスを表示します。
  3. [Options] (オプション)ダイアログボックスで、[true] (真)をダブルクリックするか、選択してから[OK]をクリックして設定を確定し、ダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

いくつかのリジェクトテーブルを定義し、複数の出力により改良を重ねることができます。各種リジェクト出力を区別するため、プラスの矢印ボタンをクリックしてフィルター行を追加します。

リジェクトテーブルを定義した場合、リジェクトテーブルの条件を考慮する前に、通常テーブルの検証プロセスが強制的に実行されます。

データは1つの出力に対して排他的に処理されるとは限りません。データが条件を満たして、対応する出力にルーティングされたとしても、他の条件により、他の出力にルーティングされることがあります。