Neo4j スキーマを取得 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

この手順では、接続したNeo4jデータベースから対象のテーブルスキーマを取得します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ビューで、新しく作成した接続を右クリックし、コンテキストメニューで[Retrieve schema] (スキーマを取得)を選択します。
    ウィザードには、Cypherクエリーに基づくスキーマ生成用の新しいビューが開きます。
  2. [Cypher]フィールドに、ノードをマッチングして目的のプロパティを取得するためのCypherクエリーを入力します。
    警告:

    Cypherクエリーに文字列が含まれる場合、文字列は二重引用符でなく一重引用符で囲みます。二重引用符を使用すると、一元化されたメタデータからドロップされたNeo4jコンポーネントでエラーが発生します。

    このサンプルでは、次のクエリーを使用してEmployeesというラベルのノードとマッチングを行い、スキーマカラムとしてIDNameHireDateSalaryManagerIDプロパティを取得します。
    MATCH (n:Employees) RETURN n.ID, n.Name, n.HireDate, n.Salary, n.ManagerID;
    この例のEmployeesというラベルのすべてのプロパティを取得する場合は、以下のようにクエリーを入力します。
    MATCH (n:Employees) RETURN n;
    または:
    MATCH (n:Employees) RETURN *;
  3. [Next] (次へ)をクリックし、ウィザードの次の手順に進みます。ここでは、生成されたスキーマを編集できます。
    必要に応じてスキーマを編集します。[Schema] (スキーマ)エリアでは、必要に応じてスキーマの名前を変更したり、スキーマのストラクチャーをカスタマイズしたりできます。
    ツールバーを使うと、使用するスキーマでカラムを追加、削除、移動し、スキーマをXMLファイルで定義されたスキーマに置き換えることができます。
    新しいスキーマを追加するには、[Schema] (スキーマ)パネルで[Add Schema] (スキーマの追加)ボタンをクリックします。すると、空のスキーマが作成され、ここで定義を行います。
    スキーマを削除するには、[Schema] (スキーマ)パネルでスキーマ名を選択して、[Remove Schema] (スキーマを削除)ボタンをクリックします。
  4. [Finish] (終了)をクリックしてスキーマの作成を完了します。結果のスキーマは、[Repository] (リポジトリー)ビューのNeo4j接続の下に表示されます。これで接続またはその下の任意のスキーマノードをNeo4jコンポーネントとして、すべてのメタデータ情報が自動的に入力された状態でデザインワークスペースにドロップできます。
    さらにスキーマを編集する必要がある場合は、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマを編集)を選択し、このウィザードをもう一度開いて変更を行います。
    警告:

    スキーマを変更した場合は、Typeカラムのデータ型が正しく定義されていることをご確認ください。