分割された外部キーの1コンポーネントを返す - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

getFKルーチンでは、tMapを使用して、分割された外部キーの1コンポーネントを返すことができます。例:

[Map Editor] (マップエディター)のルックアップテーブルでgetFK MDMルーチンを使用する必要があります。エディターでgetFKルーチンを使用して、外部キーコンポーネントを追加/削除/アップデートできます。上記の画面では、ルーチンにより、分割された外部キーのnameコンポーネントを返すことができます。

逆のケースでも同様の手順に従って、createFKルーチンを使用し、シングルキーによって外部キー文字列を返します。