OracleでのCDCの設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

これを行うには、ソースユーザー用とパブリッシャー用にそれぞれテーブルスペースを作成し、その後、ソースユーザーを作成して変更を加えるために必要なすべての権限を付与し、パブリッシャーを作成して変更をキャプチャーし公開するために必要なすべての権限を付与します。

下の例では、$ORACLE_PATHはOracleがインストールされている場所によって異なります。ソースユーザーはsourceと呼ばれ、パブリッシャーは publisherと呼ばれます。

create tablespace SOURCE datafile '$ORACLE_PATH/oradata/Oracle/SOURCE.dbf' size 50M;
create user source
identified by source
default tablespace SOURCE 
quota unlimited on SOURCE;
grant connect, create table to source;
grant unlimited tablespace to source;grant select_catalog_role to source;
grant execute_catalog_role to source;
grant create sequence to source;
grant create session to source;
grant dba to source;
grant execute on SYS.DBMS_CDC_PUBLISH to source;
create tablespace PUBLISHER datafile '$ORACLE_PATH/oradata/Oracle/PUBLISHER.dbf' size 50M;
create user publisher
identified by publisher
default tablespace PUBLISHER
quota unlimited on PUBLISHER;
grant connect, create table to publisher;
grant unlimited tablespace to publisher;
grant select_catalog_role to publisher;
grant execute_catalog_role to publisher;
grant create sequence to publisher;
grant create session to publisher;
grant dba to publisher;
grant execute on SYS.DBMS_CDC_PUBLISH to publisher;
execute DBMS_STREAMS_AUTH.GRANT_ADMIN_PRIVILEGE(GRANTEE=>'publisher');

パブリッシャーは、 select_catalog_roleプロシージャーを使用してすべてのOracleディクショナリーとやり取りできます。

パブリッシャーは、 execute_catalog_roleプロシージャーを使用してディクショナリープロシージャーを実行できます。

パブリッシャーは、SYS.DBMS_CDC_PUBLISHプロシージャーを使用して1つ(または複数)のソーステーブルで変更データをキャプチャーし公開するCDCシステムを設定できます。

プロシージャー: DBMS_STREAMS_AUTH.GRANT_ADMIN_PRIVILEGE(GRANTEE=>'publisher')は、データの複製(ストリーム)を実行するために必要な管理権限をユーザーに付与します。ユーザーは、GRANT_ADMIN_PRIVILEGEプロシージャーによってデータのキャプチャーと伝播オペレーションを実行できます。