自動入出力マッピングの設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

出力エリアの上部にある[Auto map!] (自動マップ)ボタンを使用すると、1回のボタン操作で入力カラムと出力カラムの間にマッピングを作成できます。デフォルトでは、カラム名が完全に一致する場合にのみ、入力カラムと同時に出力カラムが自動的にマップされます。ただし、マップエディターの[Property Settings] (プロパティ設定)ダイアログボックスでファジーマッチを設定すれば、入力カラムと出力カラムの名前が完全に一致していなくても、自動的にマッピングが行われます。

手順

  1. マップエディターでボタンをクリックし、[Property Settings] (プロパティ設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. 入力カラムと出力カラムの名前の類似度に応じて、[Auto Map] (自動マップ)の下のスライドコントロールを[Exact Match] (完全一致)から必要とする一致モードまでドラッグします。

    各一致モードは、レーベンシュタイン設定とJaccard設定の組み合わせに対応しています。レーベンシュタインとJaccardの組み合わせは、[Levenshtein] (レーベンシュタイン)[Jaccard]のスライドコントロールを直接操作して設定することもできます。

  3. [OK]をクリックして設定を確定し、[Property Settings] (プロパティ設定)ダイアログボックスを閉じます。