デフォルトのレポートフォルダーとロゴファイルの設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

始める前に

Profilingパースペクティブを選択済みであること。

このタスクについて

Studioではデフォルトのレポートフォルダーを設定できます。レポートエディターでレポート設定を定義する際に、各レポートドキュメントの保存先をデフォルトのフォルダーとは異なるフォルダーに設定した場合を除き、Profilingパースペクティブで生成したすべてのレポートドキュメントはこのフォルダーに保存されます。レポート設定の定義の詳細は、新規レポートの作成をご覧ください。

重要: このフォルダーはレポートドキュメントのみを保存します(.pdf、.xml、.htmlなど)。レポートおよび分析結果を保存するにはデータベースが必要です。遠隔データベースの設定方法の詳細は、遠隔データベースの設定をご覧ください。

また、Studioで生成されるレポートをロゴによってカスタマイズするかどうか決定することもできます。

デフォルトのレポートフォルダーとロゴファイルを設定するには、次の手順に従います:

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)と選択します。
  2. フィルターフィールドにReportingの最初の数文字を入力して、リストから[Reporting] (レポーティング)を選択して、対応するページを開きます。
  3. [Default Report Folder] (デフォルトレポートフォルダー)フィールドの横の[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、フォルダーを参照するか、新しく作成します。
    [Preferences] (環境設定)ウィンドウでデフォルトレポートフォルダーを定義すると、生成するレポートドキュメントはこの定義されたフォルダーに保管されますが、共有リポジトリーをホストするGitサーバーでコミットされません。
  4. [Default Logo File] (デフォルトロゴファイル)フィールドの横の[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、レポートのロゴとして使用する画像ファイルを参照します。
  5. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  6. [Apply] (適用)[OK]をクリックして変更を確定し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを閉じます。
    [Default Report Folder] (デフォルトレポートフォルダー)フィールドが空である場合、Studioで生成するどのレポートも共有リポジトリーをホストするGitサーバーにコミットされます。ただし、レポートエディターでも出力フォルダーを定義しない場合に限ります。これにより、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Reports] (レポート)ノードの下にある外部プロジェクトに生成されたレポートドキュメントをすべてのチームメンバーで共有できます。