複数の出力カラムに式を同時に設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

tMapでは、複数の出力カラムの変換動作を同時に定義できます。

以下の例では、単純な変換ジョブを使用して、tMapで複数カラムの式をバッチ方式で定義する方法を示しています。

以下は、この例で使用している入力CSVファイルの内容です。

id;firstname;lastname;city;state
1; Andrew;Adams;Madison; Rhode Island
2;Andrew; Garfield; Saint Paul;Colorado
3; Woodrow;   Eisenhower    ; Juneau; New Hampshire
4;Woodrow; Jackson;Denver;Maine
5; Lyndon;Buchanan; Pierre; Kentucky
6;  Bill;Tyler; Helena; New York
7;George;Adams;Oklahoma City    ;Alaska
8;Ulysses; Garfield;Santa Fe;Massachusetts
9; Thomas;Coolidge  ;Charleston;   Mississippi
10;John;Polk;   Carson City;  Louisiana

この例では、[String] (文字列)タイプの出力カラムはすべて切り詰めて整えられ、最初と最後のホワイトスペースが削除され、姓と州名が大文字に変換されます。

手順

  1. [Map Editor] (マップエディター)で入力と出力のマッピングを行います。
  2. 出力テーブルで文字列タイプのカラムを選択します。すなわち、この例ではfirstnamelastnamecitystateです。選択したカラムを右クリックすると、[Apply Routine] (ルーチンの適用)ボタンが表示されます。
  3. [Apply Routine] (ルーチンの適用)ボタンをクリックして、[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスを開きます。
  4. [Categories] (カテゴリー)エリアでStringHandlingを選択し、[Functions] (ファンクション)エリアでTRIMファンクションをダブルクリックして、[Expression] (式)フィールドにStringHandling.TRIM(${0})を取得します。
  5. [OK]をクリックして[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスを閉じます。
  6. [Map Editor] (マップエディター)の出力テーブルでlastnameカラムとstateカラムを選択し、選択したカラムを右クリックし、[Apply Routine] (ルーチンの適用)ボタンをクリックして[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスを開きます。
  7. [Categories] (カテゴリー)エリアでStringHandlingを選択し、[Functions] (ファンクション)エリアでUPPERCASEファンクションをダブルクリックして、[Expression] (式)フィールドにStringHandling(${0})を取得します。
  8. [OK]をクリックして[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

ここで、これらの出力カラムの式は次のようになります。

ファンクションはフロー処理で実行されます。この例の出力は次のように示されます。