インジケーター定義とカテゴリーの設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

手順

  1. [Indicator Category] (インジケーターカテゴリー)をクリックし、リストからインジケーターのカテゴリーを選択します。
    カテゴリーによって、ユーザー定義インジケーターを使用する分析の結果セットから予想されるカラムの数が決まります。
    次のテーブルで、各カテゴリーを説明します。
    インジケーターカテゴリー 説明 予想されるクエリー結果
    [User Defined Match] (ユーザー定義一致) 条件に一致するデータの数を評価します。 結果セットは1行と2カラムになります。1番目のカラムには一致する値の数が、2番目のカラムには合計カウントが含まれます。
    [User Defined Frequency] (ユーザー定義の頻度) 個々のレコードに対してユーザー定義インジケーターを使用してレコードの頻度を評価します。 結果セットは0以上の行と2カラムになります。1番目のカラムには値が、2番目のカラムにはこの値の頻度(カウント)が含まれます。
    [User Defined Real Value] (ユーザー定義実数) データの実ファンクションを評価します。 結果セットは実数を含む1行と1カラムになります。
    [User Defined Count] (ユーザー定義カウント)(デフォルトのカテゴリー) レコードの数を分析し、行数を返します。 結果セットは行数を含む1行と1カラムになります。
  2. [Indicator Definition] (インジケーター定義)をクリックし、[+]ボタンをクリックします。
  3. [Database] (データベース)リストから、インジケーターを使用するデータベースを選択します。
    インジケーターがすべてのデータベースで利用できるほどシンプルなものである場合は、データベースリストで[Default] (デフォルト)を選択します。
  4. [Version] (バージョン)フィールドにデータベースのバージョンを入力します。
  5. 作成するインジケーターのSQLステートメントを定義します。
    1. [SQL Template] (SQLテンプレート)フィールドの横にある[Edit...] (編集...)ボタンをクリックします。

      [Edit Expression] (式を編集)ダイアログボックスが開きます。

    2. [Indicator Definition] (インジケーター定義)ビューで、データのマッチングや分析で使用するSQL式を入力します。[templates] (テンプレート)リストからテンプレートをドロップして式を完成できます。

      上のスクリーンショットのようにカラムの値の最大長を計算する式を設定できます。

      このビューには選択されたインジケーターカテゴリーで予想される各カラムに対応するいくつかの入力フィールドがある場合があります。たとえば、[User Defined Count] (ユーザー定義カウント)カテゴリーを選択した場合は[Where Expression] (WHERE式)フィールドのみが表示されますが、[User Defined Match] (ユーザー定義一致)カテゴリーを選択した場合は、[Matching Expression] (マッチング式)および[Where Expression] (WHERE式)という2つのフィールドが表示されます。

      SQL式は、[Full SQL Template] (完全SQLテンプレート)ビューで自動的に完全なSQLテンプレートに変換されます。

      また、SQL式は自動的に行や値を表示するためのテンプレートに変換されます。選択されたインジケーターカテゴリーによってダイアログボックスで利用できるタブが変更されます。

      SQL式を[Indicator Definition] (インジケーター定義)ビューで編集する場合、それに応じて他のタブでもテンプレートがアップデートされます。

    3. [Reset] (リセット)ボタンを使用すると[Indicator Definition] (インジケーター定義)タブのコンテンツに従ってすべてのテンプレートが元に戻ります。
    4. [OK]をクリックします。
      ダイアログボックスが閉じ、インジケーターエディターにSQLテンプレートが表示されます。
    5. [+]ボタンを使って、同様の手順に従い必要な数だけインジケーター定義を追加します。
      注: ユーザー定義インジケーターに含まれるものがSQLテンプレートのみである場合は、[Indicator Parameters] (インジケーターパラメーター)ビューでパラメーターを定義する必要はありません。これらのパラメーターはインジケーターにJavaの実装が含まれる場合にのみ使用します。詳細は、Javaユーザー定義インジケーターを定義をご覧ください。
  6. エディターの上部にある保存アイコンをクリックします。

タスクの結果

インジケーターが、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[User Defined Indicators] (ユーザー定義インジケーター)フォルダーの下にリスト表示されます。このインジケーターは、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューからエディターにリスト表示されたカラムにドラッグ&ドロップするだけで、分析済みカラムに対して使用できます。

ユーザー定義インジケーターを使用した分析が一度でも正しく実行されれば、後でデータベースのインジケーター定義テンプレートが削除されても、分析は失敗しません。以前に生成されたSQLクエリーを使用するので、実行され続けます。