接続のセットアップ - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data

Big Data Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

MDM接続を確立するには、次の手順を完了します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、[Talend MDM]を右クリックします。
  2. コンテキストメニューから[Create MDM Connection] (MDM接続の作成)を選択します。
    接続ウィザードが表示されます。
  3. [Name] (名前)[Purpose] (目的)[Description] (説明)などの接続のプロパティを入力します。[Status] (ステータス)フィールドはカスタマイズ可能なフィールドです。詳細は、ステータス設定をご覧ください。
  4. [Next] (次へ)をクリックして次のステップに進みます。
  5. [Version] (バージョン)リストで、接続先とするMDMサーバーのバージョンを選択します。
    注:

    [Server URL] (サーバーURL)フィールドのデフォルト値は、[Version] (バージョン)リストで何を選択したかによって異なります。

  6. MDMサーバーへの認証情報をはじめとする接続の詳細を入力し、[Check] (チェック)をクリックして、作成した接続をチェックします。
    正しく接続できたことを示すダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックして閉じます。
    必要に応じて、[Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックし、この[Talend MDM]接続の詳細をリポジトリー内の新しいコンテキストグループにエクスポートするか、または既存のコンテキストグループの変数を再利用して、メタデータ接続を設定できます。詳細は、メタデータのコンテキストとしてエクスポート、およびコンテキストパラメーターを再利用して接続を設定をご覧ください。
  7. [Next] (次へ)をクリックして次のステップに進みます。
  8. [Data-Model] (データモデル)リストで、マスターデータの検証基準となるデータモデルを選択します。
  9. [Data-Container] (データコンテナー)リストで、アクセスするマスターデータが格納されているデータコンテナーを選択します。
  10. [Finish] (終了)をクリックし、変更を確定してダイアログボックスを閉じます。
    新規作成された接続が、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)にある[Talend MDM]の下にリストされます。

タスクの結果

ここで、このMDM接続にリンクしているビジネスエンティティのXMLスキーマを取得する必要があります。