データベース接続の共有 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

同じデータベース接続を使用するさまざまなジョブがある場合は、[Use or register a shared DB Connection] (共有データベース接続の使用または登録)オプションを使用して接続を分解し、接続を親ジョブと子ジョブで共有できます。

このオプションは、データベースを開いたり閉じたりする際の接続回数を減らすために、すべてのデータベース接続コンポーネントに追加されています。

警告: すべてのデータベース接続コンポーネントの[Use or register a shared DB Connection] (共有データベース接続の使用または登録)オプションは、tRunJobコンポーネントの[Use dynamic job] (ダイナミックジョブの使用)および[Use an independent process to run subjob] (サブジョブを独立したプロセスで実行)オプションとは互換性がありません。tRunJobコンポーネントのこれら2つのいずれかのオプションを有効にして共有データベース接続を使用すると、ジョブが失敗する原因となります。

次の手順では、リモートMySQLデータベースに接続する必要がある2つの関連ジョブがあると仮定します(親ジョブと子ジョブ)。

詳細なユースケースは、MySQLをご覧ください。

この2つのジョブで共有データベース接続を使用するには、次の手順に従います。

手順

  1. 親ジョブと子ジョブがデータベース接続コンポーネントを使用していない場合、tMysqlConnectionをその両方に追加します(MySQLデータベースで処理することを前提とします)。
  2. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok]リンクを使用して、それぞれのtMysqlConnectionをジョブの関連コンポーネントに接続します。
  3. 最初に実行されるtMysqlConnectionコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで、データベース接続が一元的に[Repository] (リポジトリー)に保存されていない場合は、データベース接続の詳細を入力します。
  4. [Use or register a shared DB Connection] (共有データベース接続の使用または登録)チェックボックスをオンにして、[Shared DB Connection Name] (共有データベース接続名)フィールドに接続の名前を入力します。
    これで、子ジョブに接続を再利用できるようになりました。
  5. 別のジョブ内の別のtMysqlConnectionコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで、[Use or register a shared DB Connection] (共有データベース接続の使用または登録)チェックボックスをオンにして[Shared DB Connection Name] (共有データベース接続名)フィールドに親ジョブと同じ接続名を入力します。
    注:

    同じデータベース接続を共有する異なるジョブの中で、データベース接続の詳細を定義してデータベース接続を開く必要があるのは、最初のジョブのみです。