SQLビルダーの環境設定(Talend > Specific Settings) - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

Talend ESB Studioでは、SQLビルダーの環境設定を定義できます。この操作は次の手順で行います。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)とクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. Talend [Specific Settings] (特別設定)ノードと展開し、[SQL Builder] (SQLビルダー)をクリックして関連するビューを表示します。
  3. 必要に応じて、SQLビルダーの環境設定をカスタマイズするには、次のいずれかのオプションを選択します。
    • SQLクエリーのコラム名とテーブル名を引用符で囲むには、[add quotes, when you generated sql statement] (SQLステートメントの生成時に引用符を追加)チェックボックスをオンにします。

    • AS/400データベースの使用時に、標準SQLステートメントまたはシステムSQLステートメントを使用するには、[AS400 SQL generation] (AS400 SQLの生成)エリアで、[Standard SQL Statement] (標準SQLステートメント)または[System SQL Statement] (システムSQLステートメント)チェックボックスをオンにします。

    • データベースのすべてのコンポーネントでクエリーの検証を無効にするには、[Enable check queries in the database components (disable to avoid warnings for specific queries)] (DBコンポーネントのクエリーチェックを有効にする(特定のクエリーに対する警告を有効にする))チェックボックスをオンにします。