Talend StudioでSSLを設定 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

リモートサーバーとの間で保護された通信が行われるようにしたい場合は、Talend StudioのSSL環境設定を行うことができます。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)とクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. Talendが提供する8.0 R2022-06以降のStudioマンスリーアップデートをインストール済みであれば、Talend > [Security] (セキュリティ) > SSLをクリックすると該当するビューが表示されます。まだインストールされていない場合は、Talend > SSLをクリックします。
  3. リモートホストに送信するローカル認証用のキーストア設定を定義します。
    1. [Path] (パス)フィールドの横の[Browse] (参照)をクリックし、ローカル認証情報を保存しているキーストアファイルに移動します。
    2. [Password] (パスワード)フィールドにキーストアパスワードを入力します。
    3. [Keystore Type] (キーストアの種類)リストから使用するキーストアの種類を選択します。
  4. リモートホストの証明書の検証に使用するトラストストア設定を定義します。
    1. [Path] (パス)フィールドの横の[Browse] (参照)をクリックし、トラストストアファイルに移動します。
    2. [Password] (パスワード)フィールドにトラストストアパスワードを入力します。
    3. [Keystore Type] (キーストアの種類)リストから使用するキーストアの種類を選択します。
  5. [Apply] (適用)をクリックして変更を適用し、[Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして設定を確定し、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを閉じます。
  6. 設定を有効にするには、Talend Studioを再起動してください。

次のタスク

メタデータやジョブのコンポーネント設定で接続を定義する時は、このSSL接続設定を再利用できます。