データベーステーブルの分析手順 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

このタスクについて

データベースのテーブルに含まれるデータを検証して、そのデータの情報と統計を収集できます。

1つ(または複数)のテーブルでのデータプロファイリングは、次の順序で行われます。

手順

  1. テーブルに含まれるデータの内容、ストラクチャー、クオリティを定義するデータプロファイリングを実行できるよう、テーブルを1つまたは複数定義する。
  2. WHERE句に基づいてSQLビジネスルールを作成し、それらをインジケーターとしてテーブル分析に追加する。
  3. カラムの機能依存項目分析を作成し、カラムを「決定エレメント」または「依存エレメント」と定義することで、定義したテーブルのカラムの依存項目の異常を検出する。
  4. これらの分析からレポートを生成し、チームメンバーで結果を共有する。これらのレポートを使用して現在と履歴の統計を比較し、データクオリティの向上または劣化を判断できます。

次のタスク

テーブルを分析するためのさまざまなオプションの詳細は、データベースでテーブルを分析をご覧ください。

レポートの管理については、レポートとはをご覧ください。