パターンテストビューで正規表現をテストする - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

事前定義済みの正規表現、または新しく作成した正規表現で文字列をテストできます。

始める前に

Talend StudioProfilingパースペクティブでデータベース接続が少なくとも1つ設定されていること。

手順

  1. 新しい正規表現またはSQLパターンを作成で説明されている手順に従って新しい正規表現を作成します。
  2. 開いているパターンエディターで[Pattern Definition] (パターン定義)をクリックして該当するビューを開きます。
  3. 文字列のテストに使用する定義の横の[Test] (テスト)ボタンをクリックして次の手順に進みます。
    Studioにテストビューが表示され、選択された正規表現が表示されます。
  4. [Test Area] (テストエリア)で、正規表現でチェックする文字列を入力します。
  5. [DB Connection] (データベース接続)リストから、正規表現を使用するデータベースを選択します。
    注: Javaで正規表現をテストするように選択した場合は、[Java]オプションがデフォルトで選択され、[DB Connections] (データベース接続)オプションとリストがテストビューで利用不可になります。
  6. [Test] (テスト)をクリックします。
    ビューの左上にアイコンが表示され、文字列が選択されたパターン定義に一致するか、一致しないかが示されます。
  7. 必要に応じて、正規表現を編集し、[Save] (保存)をクリックして編集を保存します。
    パターンエディターのパターン定義が変更されます。