ジョブでジョブレットを使用 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

ジョブレットを作成するとすぐに、コンポーネントの通常の[Palette] (パレット)にそれが表示されるため、ジョブ内の変換ステップの場所にそれを組み込むことができます。

手順

  1. 他のコンポーネントと同様に、[Palette] (パレット)で適切なジョブレット名をクリックし、設計ワークスペースにドロップしてジョブに組み込むことができます。
  2. ジョブレットをジョブの入力および出力コンポーネント、またはどちらか一方のコンポーネントに接続します。
  3. 必要に応じて、他のジョブと同様にジョブを実行する前に、他のすべてのコンポーネントプロパティとコンテキスト変数を定義します。
  4. 必要に応じてジョブレットの後に他の変換ステップを組み込みます。
  5. 通常どおりにジョブを保存し、実行します。