エラー処理でのtAssertとtAssertCatcherの使用 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
このセクションでは、tAsserttAssertCatcherを使ってエラー処理をデザインする方法について説明します。

tAsserttAssertCatcherと共に動作し、ジョブ実行のステータスを評価します。ジョブ実行のステータスとしてブール評価(OKまたはFAIL)を生成します。

これら2つのコンポーネントを併用することで、特定のタイプのエラーをキャッチし、プロジェクトの要件に応じて処理したり適切な方向にルーティングしたりできます。

ユースケース:

あるジョブで10行のデータを持つファイルが期待されています。どの行もデータセンターに関するマスターレコードデータです。バッチ処理は、このファイルが10行のデータに達した場合のみ起動します。

サンプルジョブ

デザイン

このジョブでは、tFileRowCountがレコードカウントを読み取ります。

tAssertにはレコードカウントが10になるかどうかを検証する条件があります。tAssertは条件チェックを行い、出力としてOKかFAILのいずれかを宣言します。

tAssertCatcherは、tAssertによって与えられる出力をキャッチします。この例では出力をコンソールに表示しています。

このジョブは、以下のようにさまざまなタスクで使用されます。
  • 実行プランの次のジョブセットをトリガー
  • 結果に応じて入力レコードが良いか悪いかを示すメールをソースチームに送信