エラー処理でtLogRowを使用 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
このセクションでは、tLogRowを使ったエラー処理のデザイン方法について説明します。

tLogRowは[Run] (実行)コンソールにデータまたは結果を表示し、処理されたデータを監視するために使われます。

サンプルジョブ

デザイン

サンプルジョブにデザインが表示され、そこでは処理済みのレコードをコンソールに表示するためにtLogRowが使用されています。