カラムコリレーション分析とは? - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
対象製品...

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talend Studioでは、複数のカラム間にある関係やコリレーションを調べることができます。そのような関係やコリレーションにより、さまざまな位置からデータ値のコリレーション関係を説明することで新たなデータ解釈が可能になります。

注: 現在のところ、カラムコリレーション分析はデータベースのカラムでのみ実行できます。これらの分析はファイル接続では使用できません。

カラムコリレーション分析はその他のタイプのデータクオリティ分析と区別して考えることが非常に大切です。通常、カラムコリレーション分析はデータ内の関係やコリレーションを調べるために使用されるものであり、データクオリティに関する統計を提供するためのものではありません。

レポートはデータの向上や劣化の判断に使用されるのが普通であるため、カラムコリレーション分析からレポートを生成することはできません。

実行できるカラムコリレーション分析には、いくつかタイプがあります。詳細は、数値コリレーション分析を作成時間コリレーション分析の作成名義コリレーション分析を作成をご覧ください。

Talend Studioでのデータマイニングタイプの使用についての詳細は、データマイニングのタイプをご覧ください。