メイン コンテンツをスキップする

APIセキュリティをデザイン

APIデザインプロセスの一環として、API(認証)にアクセスできるコンシューマーと、許可されるオペレーション(承認)を指定する必要があります。

情報メモ注: Talend Cloud API Designerによってデザインおよびドキュメンテーションの目的でセキュリティパラメーターを定義できるようになりますが、Talend StudioでAPI定義を使う時にセキュリティが自動的に実装されていません。

API全体に共通のセキュリティを定義するか、重要なリソースに対して特定のセキュリティを使用して詳細なポリシーを選択できます。

また、認証なしで特定のオペレーションを自由にアクセスできるように指定することもできます。

Talend Cloud API Designerでは、以下の主なセキュリティタイプですべてのケースを扱えます:

  • 基本認証
  • ベアラー認証
  • ダイジェスト認証
  • OAuth1.0
  • OAuth2.0
  • OpenID Connect
  • カスタム/APIキー
  • パススルー

Cookie認証はサポートされていません。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。