メイン コンテンツをスキップする

tRulesでのビジネスルールの使い方

ビジネスルールは、Talend Studioからインポートまたは作成できます。

Talend StudioからDRL形式のビジネスルールを作成する場合、作成されるファイルは、Drools構文に部分的に準拠するDRLルールテンプレートです。ビジネスルールの作成方法は、DRLルールテンプレートを作成するの手順をご覧ください。

ジョブでDRLルールテンプレートを使うには、[Property Type] (プロパティタイプ) > [Repository] (リポジトリー)を選択します。ジョブの実行中、Drools構文に準拠するファイルがテンプレートから生成されます。このファイルはジョブで使われます。

[Built-in] (組み込み)モードでは、参照するファイルはDrools構文に準拠している必要があります。Studioのリポジトリーフォルダーを参照してDRLルールテンプレートを選択することはできません。

[Property Type] (プロパティタイプ)設定を[Repository] (リポジトリー)から[Built-in] (組み込み)に切り替える場合は、DRLファイルをDrools構文に適合させます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。