メイン コンテンツをスキップする

区切りファイルにデータを書き込む

このシナリオでは、クライアント、 customersに関する情報を保持するファイルから特定のデータを抽出し、抽出されたデータを区切られたファイルに書き込む3つのコンポーネントのジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

次の例では、入力ツリーが[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードに保管済みです。リポジトリーにスキーマメタデータを保管する方法は、『 Talend Studioユーザーガイド』をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。