メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

手順

手順

  1. [Palette] (パレット)からデザインワークスペースにtEXistGetコンポーネントをドロップします。
  2. tEXistGetコンポーネントをダブルクリックしてコンポーネントビューを開き、[Basic settings](基本設定)ビューでプロパティを定義します。
  3. [URI]フィールドに、接続するeXistデータベースのURIを入力します。
    このシナリオでは、URIはxmldb:exist://192.168.0.165:8080/exist/xmlrpcです。このユースケースで使用されているURIは、デモのためのものであり、アクティブなアドレスではありません。
  4. このシナリオでは、[Collection] (コレクション)フィールドに、データベースサーバー上の対象となるコレクションへのパス/db/talendを入力します。
  5. このシナリオでは、[Driver] (ドライバー)フィールドに、XMLデータベースのドライバーorg.exist.xmldb.DatabaseImplを入力します。
  6. このシナリオでは、[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)フィールドに、それぞれadmintalendを入力します。
  7. [Local directory] (ローカルディレクトリー)フィールドの横にある3ドットのボタンをクリックして、リモートデータベースサーバーからダウンロードしたXMLファイルを保存するパスを設定します。
    このシナリオでは、デスクトップへのパスを設定します(たとえば、C:/Documents and Settings/galano/Desktop/ExistGet)。
  8. [Files] (ファイル)フィールドで、[+]ボタンをクリックして[Filemask] (ファイルマスク)エリアに新しい行を追加し、完全なファイル名を入力してサーバー上の特定のファイルからデータを取得するか、ファイルマスクを使用して一連のファイルからデータを取得します。このシナリオでは、dictionary_en.xmlを入力します。
  9. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。
    XMLファイルdictionary_en.xmlが取得され、定義されたローカルディレクトリーにダウンロードされます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。