メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

tMaxDBRowの標準プロパティ

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtMaxDBRowを設定するために使われます。

標準tMaxDBRowコンポーネントは、データベースファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で利用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)[Repository] (リポジトリー)のいずれかです。

 

[Built-In] (組み込み): 一元的に保存されるプロパティデータはありません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。後続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。

[Host] (ホスト)

データベースサーバーのIPアドレス

[Port] (ポート)

データベースサーバーのリスニングポート番号。

[Database] (データベース)

データベースの名前。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

データベースユーザー認証データ。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、OKをクリックして設定を保存します。

[Schema] (スキーマ)[Edit Schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

 

[Built-in] (組み込み): スキーマが作成され、このコンポーネント専用にローカルに保存されます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは既に存在し、リポジトリーに保存されています。したがって、再利用できます。関連項目:Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

 

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

テーブル名

テーブル名を入力します。

[Query type] (クエリータイプ)

クエリーは特定のジョブに[Built-in] (組み込み)にできます。また、一般的に使うクエリーの場合は、[Repository] (リポジトリー)に保管してクエリーの再利用を容易にすることも可能です。

 

[Built-in] (組み込み): 手動でクエリーステートメントを入力するか、SQLBuilderを使ってグラフィカルに作成します。

 

[Repository] (リポジトリー): リポジトリーに保管されている関連クエリーを選択します。[Query] (クエリー)フィールドに情報が入力されます。

[Query] (クエリー)

クエリーを入力します。フィールドの順序に気を付けて、スキーマ定義と一致するようにしてください。

[Guess Query] (クエリーを推測)

[Guess Query] (クエリーを推測)ボタンをクリックして、[Query] (クエリー)フィールド内のテーブルスキーマに対応するクエリーを生成します。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスはデフォルトで選択されています。エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。必要に応じて[Row] (行) > [Rejects] (リジェクト)リンクを使用してエラー発生時に行を取得できます。

詳細設定

[Propagate QUERY's recordset] (QUERYのレコードセットをプロパゲート)

クエリーの結果を現在のフローのカラムに挿入するには、このチェックボックスを選択します。[use column] (カラムの使用)ボックスの一覧からこのカラムを選択します。

[Use PreparedStatement] (PreparedStatementの使用)

PreparedStatementを使用してデータベースでクエリーを実行する場合は、このチェックボックスを選択します。[Set PreparedStatement Parameter] (PreparedStatementパラメーターの設定)テーブルで、[Basic Settings] (基本設定)タブの[Query] (クエリー)フィールドのSQL命令の中で"?"で表されるパラメーターを定義します。

[Parameter Index] (パラメーターインデックス): SQL命令にパラメーターの位置を入力します。

[Parameter Type] (パラメータータイプ): パラメーターのタイプを入力します。

[Parameter Value] (パラメーター値): パラメーター値を入力します。

情報メモ注:

このオプションは、同じクエリーを数回実行する必要がある場合に非常に便利です。パフォーマンスレベルの向上

[Commit every] (コミットする間隔)

行のバッチをDBにまとめてコミットする前に完了する行数。このオプションにより、トランザクションの品質(ロールバックは対象外)が保証され、実行時のパフォーマンスが向上します。

[tStat Catcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

グローバル変数

QUERY: 処理されているクエリーステートメント。これはFlow変数で、文字列を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントでは、DBクエリーの柔軟性によるメリットが提供されており、使用可能なすべてのSQLクエリーが網羅されています。

制限事項

このコンポーネントでは、関連するjarファイルのインストールが必要です。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。