メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

手順

手順

  1. tFilePropertiesコンポーネントおよびtLogRowコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  2. tFilePropertiesを右クリックし、[Main Row] (メイン行)リンクを使用してtLogRowに接続します。
  3. デザインワークスペースで、tFilePropertiesを選択します。
  4. [Component] (コンポーネント)タブをクリックして、tFilePropertiesの基本設定を定義します。
  5. [Schema] (スキーマ)型を[Built-in] (組み込み)に設定します。
  6. 必要に応じて、[Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、読み取り専用のカラムを表示します。
  7. [File] (ファイル名)フィールドにファイルパスを入力するか、プロパティを表示するファイルを参照します。
  8. デザインワークスペースで、tLogRowを選択して、[Component] (コンポーネント)タブをクリックし、基本設定を定義します。詳細は、tLogRowをご覧ください。
  9. F6を押してジョブを実行します。

タスクの結果

定義されたファイルのプロパティがコンソールに表示されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。