メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

tFixedFlowInput Stormプロパティ(非推奨)

Availability-note非推奨

これらのプロパティは、Stormジョブのフレームワークで実行されているtFixedFlowInputを設定するために使われます。

StormtFixedFlowInputコンポーネントは、その他ファミリーに属しています。

このコンポーネントは、Talend Real Time Big Data PlatformおよびTalend Data Fabricで利用できます。

StormのフレームワークはTalend 7.1以降、非推奨となっています。ストリーミング関連のタスクを実行するには、Apache Spark Streaming用のTalendジョブを使用してください。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは組み込みか、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): このコンポーネントに対してのみ作成されたスキーマがローカルに保管されます。関連項目:Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されているので、さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

[Mode] (モード)

3つのオプションから、使うモードを選択します。

[Use Single Table] (単一のテーブルを使う): 生成するデータを関連する値フィールドに入力します。

[Use Inline Table] (インラインテーブルを使う): 生成する行を追加します。

[Use Inline Content] (インラインコンテンツを使う): [Row] (行)フィールドと[Field Separator] (フィールド区切り)フィールドで定義した区切りで区切って、生成するデータを入力します。

[Number of rows] (行数)

生成する行数を入力します。

[Edit schema] (スキーマを編集)ボタンを使ってスキーマダイアログボックスで定義したカラムに対応する値を、引用符の間に入力します。

使用方法

使用ルール

Talend Stormジョブでは、開始コンポーネントとして使用されます。一緒に使用される他のコンポーネントもStormコンポーネントでなければなりません。Stormシステムで直接実行できるネイティブStormコードを生成します。

Stormバージョンでは、グローバル変数の使用はサポートされていません。

特に明記していない限り、このドキュメントのシナリオでは、標準ジョブ、つまり従来の Talend データ統合ジョブだけを扱います。

ストーム接続

[Run] (実行)ビューの[Storm Configuration] (Storm設定)タブを使用して、ジョブ全体で特定のStormシステムに対する接続を定義する必要があります。

この接続は、ジョブごとに有効になります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。