メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

ステップ1: CDCの設定

このタスクについて

LEADFACTテーブルから変更データを取得するには、事前に次の処理が必要です。

手順

  1. 最初に、CDC専用のDB接続を設定するために使われます。
  2. 2番目に、ソースデータへのDB接続を設定し、取得するテーブルを特定します。
  3. 最後に、CDCとデータ間の接続を設定するために使われます。
    これを設定するには、以下のようにします:
  4. [Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)の下で、CDC専用のデータベースへの接続を作成します。このシナリオではcdc_publisherです。
    情報メモ注:

    CDCのDB接続が、変更をキャプチャーするソースデータと同じサーバーにあることをご確認ください。

  5. [Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)の下で、ソースData Warehouseへの接続を作成し、取得するテーブルを特定します。このシナリオではLEADFACTです。
  6. orcleデータベースへの接続を右クリックし、ドロップダウンメニューから[Retrieve schema] (スキーマを取得)を選択して、取得するテーブルのスキーマを取得します。
  7. cdc-data接続の[CDC Foundation] (CDC設定)を右クリックし、ドロップダウンメニューで[Create CDC] (CDCを作成)を選択します。
    [Create Change Data Capture] (CDCを作成)ダイアログボックスが表示されます。
  8. [Set link Connection] (接続リンクの設定)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、CDCに対応する接続(この例ではcdc_publisher)を選択します。
  9. [Options] (オプション)エリアで、[Log mode] (ログモード)チェックボックスをオンにします。
  10. [Create Subscriber] (サブスクライバーの作成)をクリックします。[Create Subscriber and Execute SQL Script] (サブスクライバーの作成およびSQLスクリプトの実行)ダイアログボックスが表示されます。
  11. [Execute] (実行)をクリックし、さらに[Close] (閉じる)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  12. [Finish] (完了)をクリックして、サブスクライバーテーブルの作成を検証します。
    [CDC Foundation]フォルダーに、関連するサブスクライバーテーブルが表示されます。
    サブスクライバーがどのテーブルをサブスクライブするかを指定する必要があります。
  13. cdc-data接続のLEADFACTスキーマを右クリックし、ドロップダウンリストで[Add CDC] (CDCの追加)を選択します。[Create Subscriber and Execute SQL Script] (サブスクライバーの作成およびSQLスクリプトの実行)ダイアログボックスが表示されます。
    情報メモ注:

    Oracleデータベースと Talend Studio バージョン3.2または以降のバージョンとの組み合わせの場合、CDCシステムは監視対象ソーステーブルのエイリアスを作成します。こうすることで、変更テーブルおよび関連付けられているビューの作成時に、識別子の長さに関連する問題を回避できます。設置済みのCDCシステムの場合、テーブル名は保持されます。

  14. [Execute] (実行)をクリックし、[Close] (閉じる)を選択してサブスクリプションを検証します。
    [CDC Foundation]フォルダーでは、2つのテーブルが作成され、取得テーブルのスキーマノードに緑色のCDCシンボルが表示されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。