メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

tSetDynamicSchemaの標準プロパティ

これらのプロパティは、 標準ジョブのフレームワークで実行されている tSetDynamicSchemaを設定するために使われます。

標準tSetDynamicSchema コンポーネントは、カスタムコードファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Guess schema from file ] (ファイルから推測スキーマ)オプションか[Read schema from file] (ファイルからスキーマを読み取る)オプションを選択した場合、このオプションは利用できません。

[Sync columns] (カラムを同期)

クリックすると、出力ファイルのスキーマと入力ファイルのスキーマが同期されます。同期機能は、コンポーネントが[Row] (行)接続を使って入力コンポーネントとリンクされている場合にのみ使用できます。

[Guess schema from file ] (ファイルから推測スキーマ)

csvファイルからスキーマを生成する場合はこのオプションを選択します。[Filename] (ファイル名)フィールドにcsvファイルへのパスを手動で入力するか、[...]ボタンをクリックしてそのcsvファイルに移動する必要があります。

[Row] (行)接続を使ってコンポーネントが入力コンポーネントとリンクされているか、[Read schema from file] (ファイルからスキーマを読み取る)オプションを選択した場合、このオプションは利用できません。

[Read schema from file ] (ファイルからスキーマを読み取る)

スキーマ定義ファイルからスキーマを生成する場合はこのオプションを選択します。[Filename] (ファイル名)フィールドにスキーマ定義ファイルへのパスを手動で入力するか、[...]ボタンをクリックしてそのファイルに移動する必要があります。

情報メモ注:
  • スキーマ定義ファイルは、csvファイルである必要があります。
  • スキーマ定義ファイルにはヘッダー行と複数のカラム定義が含まれ、ファイルでは各カラム定義が1行ごとに記載されます。また、複数のテーブルのカラム定義を含めることもできます。
  • ヘッダー行には複数のフィールドが含まれています。フィールドの値(大文字と小文字が区別される)は、[Parameters] (パラメーター)テーブルの[Property] (プロパティ)ドロップダウンリストのオプションのみにできます。
  • このコンポーネントのスキーマがtSAPTableInputコンポーネントで使用される場合、ExtendedConfigurationフィールドの値は{"TableName":"{your_table_name}"}という形式であることが必要です。
  • このオプションは、Talendが提供する8.0.1-R2022-04以降のTalend Studioマンスリーアップデートをインストール済みである場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

[Row] (行)接続を使ってコンポーネントが入力コンポーネントとリンクされている場合、または[Guess schema from file] (ファイルから推測スキーマ)オプションを選択した場合、このオプションは利用できません。

パラメーター

このテーブルには2つのカラムが含まれています。

  • [Property] (プロパティ): スキーマエントリーのプロパティ: ColumnNameDBNameTypeDBTypeLengthPrecisionNullableKeyExtendedConfigurationのいずれか。
  • [Value] (値): このプロパティに割り当てられた値。

[Guess schema from file ] (ファイルから推測スキーマ)オプションか[Read schema from file] (ファイルからスキーマを読み取る)オプションを選択した場合、このオプションは利用できません。

情報メモ注:
  • このExtendedConfigurationプロパティは、Talend 8.0.1 R2022-04以降のTalend Studioマンスリーアップデートをインストール済みである場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。
  • ExtendedConfigurationプロパティの使用は、このコンポーネントのスキーマを使うコンポーネントによって異なります。tSAPTableInputコンポーネントで使用される場合、これらのプロパティは、テーブル名を保持します。値は{"TableName":"{your_table_name}"}の形式であることが必要です。

詳細設定

[Row limit] (行数制限)

スキーマの推測元とするcsvファイルの行数を指定します。

[Basic settings] (基本設定)ビューで[Guess schema from file ] (ファイルから推測スキーマ)オプションを選択した場合、このフィールドは利用できません。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

グローバル変数

DYNAMIC: 定義済みのダイナミックスキーマを使って取得されたデータの最後の行。これはAfter変数で、ダイナミックを返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、終了コンポーネントとしても、サブジョブで独自に使うこともできます。

制限事項

tSetDynamicSchemaを 使うには、コンポーネントに [Use existing dynamic] (既存のダイナミックスキーマを使う)オプションが必要です。これにより、リストからtSetDynamicSchemaコンポーネントを選択できます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。