メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

tNeo4jInputの標準プロパティ

Availability-note非推奨

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtNeo4jInputを設定するために使われます。

標準tNeo4jInputコンポーネントは、ビッグデータファミリーとデータベースNoSQLファミリーに属しています。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのビッグデータ対応のTalend製品およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用する場合は、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから、目的の接続コンポーネントを選択します。

[DB version] (データベースバージョン)

使用しているNeo4jバージョンを選択します。

Neo4jバージョン3.2.Xを使用している場合、このコンポーネントは、リモートモードでのみ利用できます。したがって、tNeo4jConnectionからNeo4j V3.2.Xへの接続を再利用するには、[Remote server] (リモートサーバー)チェックボックスがオンで、接続が正しく設定されていることをご確認ください。

2.X.Xバージョンと3.X.Xバージョンを同じジョブで使用しないでください。使用するとクラス競合の問題が発生します。

Neo4jバージョン2.X.XはJava 7以降に対してのみ互換性があります。ただし、ノードラベルのような高度な機能をサポートしています。

このリストは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオンになっている場合は表示されません。

データベースバージョンを選択すると、対応するデータベースドライバーJARファイルをインストールするように指示されます(まだインストールしていない場合)。詳細は、外部モジュールをインストールをご覧ください。

[Shutdown after job] (ジョブ後にシャットダウン)

現在のコンポーネントの後にNeo4jに対して実行するオペレーションがない場合は、このチェックボックスをオンにしてNeo4jデータベース接続をシャットダウンします。

または、tNeo4jCloseを使用してデータベースをシャットダウンします。

こうすることで、Neo4jが関係するジョブを次回実行する時に、[Id file not properly shutdown] (IDファイルが正しくシャットダウンされていません)"のようなエラーを回避できます。

このチェックボックスは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオフになっている場合のみ利用できます。

[Remote server] (リモートサーバー)

Neo4jリモートサーバーを使用する場合は、このチェックボックスをオンにして、[Server URL] (サーバーURL)フィールドでルートURLを指定します。

  • [Set username] (ユーザー名の設定): このチェックボックスは、[Use a remote server] (リモートサーバーの使用)チェックボックスがオンで、使用しているNeo4jバージョンが2.2よりも古い場合に使えます。接続先とするリモートNeo4jサーバーがユーザー認証情報を必要としない場合は、チェックボックスをオフのままにしておきます。

  • [Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード): 認証情報を入力し、使用するリモートNeo4jサーバーに接続させます。Neo4j 2.2以降、ユーザー認証情報は常に求められます。

このチェックボックスは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオフで、Neo4j V3.2.Xを使用していない場合のみ表示されます。V3.2.Xでは、このコンポーネントは、リモートモードのみをサポートします。

[Database path] (データベースパス)

Neo4jを埋め込みモードで使用する場合は、データファイルのパスを指定します。

このフィールドは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスまたは[Remote server] (リモートサーバー)チェックボックスがオフの場合にのみ表示されます。

[Schema] (スキーマ)[Edit Schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Query] (クエリー)

Cypherクエリーと、マッピングテーブルに一致する戻り値のパラメーターを二重引用符で囲んで入力します。

[Mapping] (マッピング)

このテーブルを完成させて、抽出する1つまたは複数のカラムと、対応するカラムファミリーを指定します。スキーマを定義すると、このテーブルの [Column] (カラム)フィールドは自動的に入力されます。[Return parameter] (戻り値)フィールドに戻り値を入力して、Cypherクエリーのノードプロパティをスキーマカラムにマップします。

戻り値は必ず二重引用符で囲んでください。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

グローバル変数

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントには常に出力リンクが必要です。
制限事項 該当なし

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。