メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

コンポーネントを設定してジョブを実行

手順

  1. tWaitForFileをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Time (in seconds) between iterations] (繰り返しごとの待ち時間(秒))フィールドに、2つの反復間の時間間隔を秒で入力します。この例では5に設定されています。
  3. [Max. number of iterations (infinite loop if empty)] (繰り返しの最大回数(指定の無い場合は無限回))フィールドに、反復の最大回数を入力します。この例では10に設定されています。
  4. Thenドロップダウンリストから[continue loop] (ループを継続)を選択して、メッセージがトリガーされた後に反復ループを続行します。
  5. このシナリオは、コンポーネントを設定 (ファイルの作成を待ち、メッセージのトリガー後に反復ループを停止する)をベースにしているので、シナリオにあるようにtJavaコンポーネントを設定してください。
  6. ジョブを保存し、F6を押して実行します。
  7. 定義したディレクトリーにテキストファイルcontinue.txtを作成します。
    テキストファイルが作成されると、ファイルの作成に関するメッセージが[Run] (実行)コンソールに表示されます 。反復ループは反復回数が最大(この例では10回)になると終了します。その後、反復ループが終了した時刻と実行された反復回数を示す別のメッセージが表示されます。
    Starting job tWaitForFile at 12:01 15/11/2022.
    [statistics] connecting to socket on port 3870
    [statistics] connected
    A file was created at Tue Nov 15 12:01:21 CET 2022
    Name of the created file: C:\Studio\continue.txt
    
    Iteration loop ended at Tue Nov 15 12:01:56 CET 2022
    Number of iterations finished: 10
    [statistics] disconnected
    
    Job tWaitForFile ended at 12:01 15/11/2022. [Exit code  = 0]

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。