メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

tWriteJSONFieldの標準プロパティ

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtWriteJSONFieldを設定するために使われます。

標準tWriteJSONFieldコンポーネントは、変換処理ファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

Output Column

生成されたJSON文字列を保持するためのカラムをリストから選択します。リスト内のカラムは、出力スキーマ内に定義されています。

[Configure JSON Tree] (JSONツリーを設定)

JSONデータストラクチャーを作成するためのインターフェイスを開きます。詳細は、JSONツリーを設定をご覧ください。

[Schema] (スキーマ)[Edit Schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

情報メモ注: 出力スキーマでは、デフォルトで1つのカラムがNullになっています。[Output Column] (出力カラム)から選択したカラムのみが、生成されたJSON文字列を保持します。[Group by] (グループ基準)テーブル内に行を追加し、グループ基準の値を保持する他の出力カラムを指定できます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

[Sync columns] (カラムを同期)

クリックすると、出力ファイルのスキーマと入力ファイルのスキーマが同期されます。同期機能は、[Row] (行)接続が出力コンポーネントにリンクされている場合にのみ表示されます。

[Group by] (グループ基準)

集計セット、データの再グルーピングに使用するカラムを定義します。

情報メモ警告:

グルーピングするデータが順番に並んでいることをご確認ください。

[Remove root node] (ルートノードを削除)

生成されたJSONフィールドからルートノードを削除するには、このチェックボックスをオンにします。

詳細設定

[Quote all not-null values] (すべてのnot-null値を見積もる)

生成されたJSONフィールド内の数値やブール値を含むすべての値を二重引用符で囲むには、このチェックボックスをオンにします。

生成されたJSONフィールド内の文字列値のみを二重引用符で囲むには、このチェックボックスをオフにします。

[Quote also null values] (null値を見積もる)

生成されたJSONフィールド内のすべての文字列をnullの値で囲むには、このチェックボックスをオンにします。

このオプションは、[Quote all not-null values] (null以外のすべての値を引用する) が選択されている場合に使用できます。

[Pass null values and empty strings explicitly] (null値と空の文字列を明示的にパス)

空のフィールドにnull文字列を書き込むには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスがオフの場合、空のフィールドに[]が入力されます。

[Use scientific notation for float values] (フロート値には科学的記法を使用)

フロート値に科学的記法を使用するには、このチェックボックスをオンにします。

情報メモ注: このオプションは、Talendが提供する8.0.1-R2022-05以降のTalend Studioマンスリーアップデートをインストール済みである場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

グローバル変数

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

入力コンポーネントの前にあるこのコンポーネントは、受信データをJSONフィールドにラップします。

情報メモ注: null値のあるフィールドの場合、このコンポーネントは、角括弧のペア([])を書き込みます。必要に応じて、tWriteJSONFieldコンポーネントの横にあるtJavaRowコンポーネント内に正規表現を使って、削除や置換が可能です。例:
output_row.rootNode = input_row.rootNode.replaceAll("\\[\\]", "");

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。