メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

tSAPHanaRollbackの標準プロパティ

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtSAPHanaRollbackを設定するために使われます。

標準tSAPHanaRollbackコンポーネントは、データベースファミリーに属しています。

Talendが提供する8.0.1 R2023-01以降のTalend Studioマンスリーアップデートをインストール済みである場合、このコンポーネントはTalendの全サブスクリプションベース製品で利用可能です。それ以外は、ビッグデータ対応のすべてのTalend製品とTalend Data Fabricでのみ利用可能です。

情報メモ注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、DB Genericコンポーネントをご覧ください。

基本設定

データベース

目的のデータベースタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Component list] (コンポーネントリスト)

現在のジョブで複数の接続を使うことが計画されている場合は、リストからtSAPHanaConnectionコンポーネントを選択します。

[Close Connection] (接続を閉じる)

コンポーネントがタスクを実行した後、選択した接続を引き続き使うには、このチェックボックスをオフにします。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスを選択すると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、一般的に、他のtSAPHana*コンポーネント、特にtSAPHanaConnectionおよびtSAPHanaRollbackと共に使います。

サポート

S4/HANAを含め、SAPのERP部分と連携するためにtSAPHanaRollbackを使う必要があります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。