メイン コンテンツをスキップする

tSqoopImport

目的のデータをHDFSに書き込むためにSqoopで必要となる引数を定義します。

tSqoopImportでは、Sqoopを呼び出し、MySQLやOracleなどのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)からHadoop分散ファイルシステム(HDFS)にデータを転送します。

情報メモ注:

Sqoopは通常、すべてのHadoopディストリビューションにインストールされます。ただし、使用する必要のあるHadoopディストリビューションにSqoopがインストールされていない場合は、ユーザー自身でインストールし、そのディストリビューションのPATH変数にSqoopコマンドラインを必ず追加してください。Sqoopのインストール方法は、Sqoopのドキュメンテーションをご覧ください。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。