メイン コンテンツをスキップする

プレパレーションをエクスポート

データセットのクレンジングが完了したら、プレパレーションの結果をエクスポートします。

画面右上の[Export] (エクスポート)ボタンをクリックし、エクスポートパラメーターパネルを開いて出力形式を選択します。

データセットがベースにしている接続のタイプに応じて、準備したデータは次の形式にエクスポートできます。

  • ローカルのCSVファイル
  • ローカルのXLSXファイル
  • ローカルのTABLEAUファイル
  • Amazon S3
[エクスポート]パネルが開かれている状態。

完成したプレパレーションが現在のサンプルサイズ(デフォルトは10,000行)よりも大きい場合は、作業中である現在のサンプルだけをエクスポートするか、[All data] (すべてのデータ)を選択してプレパレーションステップをデータセット全体に適用するか選択できます。どちらの場合も、エクスポートプロセスはバックグラウンドで開始されます。エクスポート履歴ページを使用して、エクスポートのステータスの確認や、出力ファイルのダウンロードを実行できます。詳細については、エクスポート履歴ページをご覧ください。

エクスポートプロセスにより、接続メタデータからフェッチされたデータが更新されます。これによって、出力内に表示されるデータは確実に常に最新に保たれます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。