メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Talend Data Stewardshipユーザーの追加

このタイプのユーザーはTalend Data Stewardshipにアクセスできますが、他のプロジェクトへのアクセス権はありません。

始める前に

ユーザーはTalendサブスクリプション製品のライセンスを所有しているはずです。

手順

  1. Talend Administration Centerにログインします。
  2. [Users] (ユーザー)ページで [Add] (追加)をクリックして右側の[Data] (データ)パネルを有効化し、ユーザーの情報を登録します。
  3. このアカウントのユーザー名、ログイン(メールアドレス)、パスワードを入力します。
  4. このユーザーはどのプロジェクトにもリンクされておらず、Talend Data Stewardshipでのみ作業するため、[Type] (タイプ)リストでデータスチュワードシップユーザータイプを[No Project access] (プロジェクトアクセスなし)に設定します。
  5. このアカウントをデータスチュワードシップアカウントとして設定するには、[Data Stewardship user] (データスチュワードシップユーザー)チェックボックスをオンにします。
    同じユーザーがTalend Data Preparationにアクセスできるようにするには、[Data Preparation user] (データプレパレーションユーザー)のチェックボックスをオンにします。
  6. [Data Stewardship Role] (データスチュワードシップロール)の横にあるをクリックしてダイアログボックスを開き、選択したユーザーに割り当てるデータスチュワードシップロールのチェックボックスをオンにします。
    データ管理の定義済みロールの詳細は、組み込みのロールとワークフローをご覧ください。
  7. [Dictionary Service user] (ディクショナリーサービスユーザー)チェックボックスをオンにして、現在のユーザーがTalend Dictionary Serviceにアクセスできるようにします。
    このチェックボックスは、ライセンスにData Qualityが含まれている場合に限り、つまりData Management以上の場合に限り表示されます。
  8. [Save] (保存)をクリックして、新規ユーザーの作成を検証します。

タスクの結果

データスチュワードシップユーザーが作成され、[Users] (ユーザー)ページのユーザーのリストに追加されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。