メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Talend Data Stewardshipを手動でインストール

このステップには、Talend Data Stewardshipをマシンに手動でインストールするステップが含まれています。

始める前に

  • Talend Identity and Access Managementがインストールされ、実行されている。
  • Talend Administration Centerがインストールされ、実行されている。
  • Talend Data StewardshipユーザーがTalend Administration Centerに存在します。詳細は、をご覧ください。
  • マシンにインストールされるMongoDBの他のインスタンスはありません。

手順

  1. Apache Kafkaをhttps://kafka.apache.org/downloads (英語のみ)からダウンロードしてインストールします。そのインストール方法の詳細は、Apache Kafkaドキュメント (英語のみ)をご覧ください。
    サポートされているApache Kafkaバージョンの詳細は、互換性のあるメッセージングシステムをご覧ください。
  2. MongoDBインスタンスをhttps://www.mongodb.com/download-center (英語のみ)からダウンロードしてインストールします。そのインストール方法の詳細は、MongoDBドキュメンテーション (英語のみ)をご覧ください。
    サポートされているMongoDBバージョンの詳細は、互換性があるデータベースをご覧ください。
    SSLを使ってMongoDBとの接続を保護する場合は、MongoDB Enterpriseサーバーをマシンに手動でインストールする必要があります。詳細は、https://docs.mongodb.com/v4.0/security/ (英語のみ)をご覧ください。
  3. mongoPATH環境変数に追加します。
  4. use tdsコマンドを使って、MongoDBにtdsデータベースを作成します。
  5. 次のユーザーを、MongoDBのtdsデータベース用に作成します。
    • ユーザー名: tds-user

    • パスワード: duser

    これを行うには、次のコマンドを使用します。
    db.createUser( { user: "tds-user", pwd: "duser", roles: [{ role: "readWrite", db: "tds"}]})
  6. Apache Tomcat をhttp://tomcat.apache.org/download-80.cgi (英語のみ)からダウンロードしてインストールします。そのインストール方法の詳細は、Apache Tomcatドキュメント (英語のみ)をご覧ください。
    運用環境では、Talend Data Stewardship用に個別のTomcatインスタンスを使用することをお勧めします。
  7. Tomcatインスタンスが自動的に開始した場合は、停止します。
  8. Talend-DataStewardship-VA.B.C.zipTDS_filesフォルダーに展開します。
  9. <Tomcat>/webapps/フォルダーの内容を削除します。
  10. <Tomcat>/appフォルダーを作成し、TDS_filesから.warファイルをコピーします。
  11. TDS_files/contextに含まれているファイルを<Tomcat>/conf/Catalina/localhostにコピーします。
  12. TDS_files/configに含まれている設定ファイルを<Tomcat>/confにコピーします。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。