メイン コンテンツをスキップする

デプロイと実行

Artifact Repositoryのグレーの円は、以下のすべてを保存するアーティファクトリポジトリーを表しています:
  • ダウンロード可能なSoftware Updates (ソフトウェアアップデート)。
  • Talend Studioから公開され、いつでも Talend Runtimeでデプロイおよび実行できるルートとサービス
TALEND実行サーバーのブロックは、Talend Administration Center Webアプリケーションでセットアップされた実行スケジュールによって技術的プロセスを実行する実行サーバーを表します。これらの実行サーバーには次のようなものがあります。
  • 情報システム内でデプロイしている1つまたは複数のTalend Runtimes (実行コンテナー)。 Talend Runtimeでは、Talend Administration Center Webアプリケーションで定義されたセットアップに従って、技術的プロセスをデプロイおよび実行します。これらのプロセスは、Talend Studioにより構築されたジョブで、GitまたはSVNサーバー、アーティファクトリポジトリーから取得されたルートおよびサービスで一元管理されます。

    Apache Subversionは7.3.1 R2021-08リリース以降、非推奨となります

    サービスやルートアーティファクトをデプロイする Talend Runtimeが複数ある場合は、必要に応じて負荷を分散できます。 Talend RuntimeのすべてのインスタンスはService Locatorを通じてお互いにコミュニケーションを取り、Talend Administration Centerでデプロイが設定された1つまたは複数のアーティファクトのデプロイ・実行対象となりそうなインスタンスを識別します。デプロイメントのために選ばれた Talend Runtimeは、アーティファクトをアーティファクトリポジトリーからデプロイおよび実行するよう要求し、アーティファクトリポジトリーは、それらをデプロイおよび実行する Talend Runtimeに対して、実行時に必要とされるアーティファクトを含むすべてのアーティファクトを送信します。

  • 情報システム内でデプロイされているTalend JobServerによって、Talend Administration Center Webアプリケーションで設定された日時やイベントのスケジュールに従って技術的プロセス(ジョブ)が実行されます。

    エンドユーザーは、Talend Studioから技術的プロセスをリモート実行サーバーに直接転送できます(遠隔実行)。

    情報メモ重要:

    Talendで配信されるTalend JobServerファイル(「エージェント」)は、各実行サーバーにインストールして、操作可能にする必要があります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。