メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

メモリ設定とJVM設定を編集

Talend Studioの実行時および起動時のパフォーマンスが向上するよう、.iniファイルのメモリ設定を編集できます。

デフォルトでは、.iniファイルでは次のようにJVMパラメーターが設定されています。

--launcher.XXMaxPermSize512m
            -vmargs
            -Xms64m
            -Xmx768m
            -Xdock:icon=../Resources/talend.icns
            -XstartOnFirstThread
            -Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts
            -Dosgi.instance.area.default=../../../workspace
            -Dfile.encoding=UTF-8       
情報メモヒント: .ini設定ファイルの構成が影響するのはTalend Studioのパフォーマンスのみで、ジョブの実行自体には影響しません。

手順

  1. .iniファイルを検索して開きます。
    ファイル名はライセンスに応じて異なりますが、Talend-Studio-macosx-cocoa.iniTOS_XX-macosx-cocoa.iniのいずれかとなります。
  2. システムメモリの可用性に応じてメモリ属性を編集します。例:

    -vmargs -Xms512m -Xmx1536m -XX:MaxMetaspaceSize=512m

    情報メモヒント: 大きなプロジェクトでは、Xmxを4096mに増やす必要があります。

    詳細は、OracleのウェブサイトでFrequently Asked Questions About the Java HotSpot VM (英語のみ)をご覧ください。

64ビットシステムでメモリが8GBの場合、最適な設定は次のようになります:
--launcher.XXMaxPermSize512m
               -vmargs
               -Xms2014m
               -Xmx4096m
               -Xdock:icon=../Resources/talend.icns
               -XstartOnFirstThread
               -Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts
               -Dosgi.instance.area.default=../../../workspace
               -Dfile.encoding=UTF-8

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。