メイン コンテンツをスキップする

Talend Activity Monitoring Consoleログデータベース

Talend Activity Monitoring ConsoleXXXを使用する場合、<AMC>ログデータベースを作成する必要があります。これは任意のサーバーでインストールできます。この<AMC>データベースは初期状態では空になっています。その名前は変更される可能性がありますが、この文書の残りの部分でこの変更を考慮する必要があります。

<AMC>データには、ユーザーがジョブを監視するためのデータが収集されるテーブルが3つあります。3つのテーブルは、次のコンポーネントからデータを収集します。

  • tFlowMeterCatcher

  • tLogCatcher

  • tStatCatcher

これらのテーブルの作成方法とその構造は、Talend Activity Monitoring Consoleユーザーガイド』に説明があります。

対応するSQLユーザーを作成し、このデータベースにアクセスできるようにマップする必要があります。このユーザーには、「作成」および「アップデート」権限を付与する必要があります。

情報メモ注: ESBオプションのみのソリューションでは<AMC>データベースのインストールは任意となり、tFlowMeterCatchertLogCatcherおよびtStatCatcherコンポーネントを使用する場合にのみ必須となります。これらのコンポーネントは、RESTおよびSoap ESBサービスプロバイダーのジョブ(tESBConsumerを使用したESBコンシューマージョブなど)で使用できます。現時点ではtLogCatcherコンポーネントのみサポートされており、ルートではこれらのコンポーネントを使用できません。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。