メイン コンテンツをスキップする

ビルドと運用

CLIENTS(クライアント)のブロックには、同一または異なるマシンに存在しうるTalend Studio APIとWebブラウザーが1つ(または複数)含まれています。

Talend Studio APIから、エンドユーザーは次の技術的プロセスを実行できます: データ統合またはデータサービスプロセス、メディエーションルートおよびサービス、アーティファクトリポジトリーでのそれらの公開、データボリュームやプロセスの複雑性を問わないデータプロファイルの分析およびレポート。

Talend Studioでは、ユーザーは権限を持つすべてのプロジェクトで作業できます。詳細は、プロジェクトを作成をご覧ください。

管理者はMDMと共にTalend Studioも使用して、一元管理されたマスターデータリポジトリーをセットアップおよび操作します。これらにより、必要なビジネスおよびデータルールを使用するデータモデルを構築して、マスターデータの単一の"マスター"コピーを作成できます。

エンドユーザーは、WebブラウザーからセキュアなHTTPプロトコルを介してリモートベースのTalend Administration Centerに接続します。ここで説明するエンドユーザーのカテゴリーには、開発者、プロジェクトマネージャー、管理者のほか、データフロー、Web、REST、データサービス、メディエーションルートの構築に関わるその他の担当者が含まれます。

それぞれのエンドユーザーは、会社のポリシーに応じて、Talend StudioまたはTalend Administration Center、あるいはその両方を使用します。

さらに、WebブラウザーからTalend Data Preparation Webアプリケーションにアクセスします。ここでは、ローカルファイルやその他のソースからデータをインポートし、このデータに新しいプレパレーションを作成することによって、クレンジングやエンリッチを行います。また、Talend Data Stewardship Webアプリケーションにアクセスすることもできます。ここでは、キャンペーン所有者およびデータスチュワードがキャンペーンおよびタスクを管理します。オプションとして、Talend Dictionary Serviceサーバーにアクセスし、Webアプリケーションのデータで使われているセマンティックタイプを追加、削除、編集することもできます。

[TALEND SERVERS] (TALENDサーバー)ブロック、[DATABASES] (データベース)ブロック、[Git]のグレーの円には、2つの共有リポジトリーに接続したWebベースのTalend Administration Center(アプリケーションサーバー)が含まれています: 1つはGitサーバーに基づき、もう1つはデータベースサーバー([Admin] (管理))に基づいています。

Talend Administration Centerによって、すべてのプロジェクトを管理できます。エンドユーザー間で簡単に共有できるよう、管理メタデータ(ユーザーアカウント、アクセス権、プロジェクト認証など)はデータベースサーバーに保管され、プロジェクトメタデータ(ジョブ、ルーチン、ルート、サービスなど)はGitサーバーに保管されます。

Talend Administration Centerでは、ジョブの実行やトリガーを処理するタスクを設定することもできます。また、ジョブの生成と実行サーバーへのデプロイメントもサポートします。詳細は、Getting started with Talend Administration Centerをご覧ください。

Talend Administration Centerには、TalendのWebアプリケーション(Talend Data PreparationTalend Data Stewardship)、およびTalend Dictionary Serviceによって使われるサーバーも含まれています。Talend Identity and Access Managementサーバーは、これらのアプリケーション間でシングルサインオンを有効にするために使用されます。

さらに、Talend Administration CenterではTalend Studioから作成され、[Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリー)に公開されたルートとサービスにアクセスして管理し、 Talend Runtimeへのデプロイメントと実行を設定して監視できます。詳細は、Executing Services, Routes, and data service Jobs, and applying Profiles from ESB Conductorをご覧ください。

また、Talend MDM Serverでは、マスターデータの現行バージョンが保存されます。MDMリポジトリーにはデータの作業コピーが含まれており、Gitに基づいて、ローカル(つまり、Talend Studioと同じマシン上)またはリモートで保管できます。Talend MDM Web UIのユーザーがアクセスする前に、MDMリポジトリーからのデータをTalend MDM Serverにデプロイする必要があります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。