メイン コンテンツをスキップする

MDM監査イベントのジェネリックプロパティ

MDMの監査機能を有効にし、設定すると、ログサービスプラットフォームにアクセスし、監査イベントを確認できるようになります。

監査イベントの情報は監査イベントのタイプに応じて異なります。

次のテーブルは、新しいデータモデルがMDMサーバーにデプロイされた時の監査イベントのジェネリックプロパティをリスト表示しています。

ジェネリックプロパティ

[Description] (説明)

application

監査イベントを記録するアプリケーションの名前。

category

監査イベントが属するカテゴリー(セキュリティまたはアクティビティ)。

customInfo.itemName

デプロイされたデータモデルの名前。

customInfo.itemDescription

デプロイされたデータモデルの説明。

customInfo.itemSchema

デプロイされたデータモデルのスキーマ。

user

監査イベントのオペレーター。

operation

監査イベントの特定の操作。

resource

操作が実行されるリソース(例: データモデル、またはビュー)。

host

インスタンスのホスト。

instance

監査イベントを記録するアプリケーションのインスタンス名。

logSource.host.address

監査イベントが由来するホストのアドレス。

logSource.host.name

監査イベントが由来するホストの名前。

logSource.logger.name

監査イベントとその他すべてのイベントを区別するために使用されるロガーの名前。

message

監査イベントのオペレーションの結果。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。