メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

実行プロファイル

実行プロファイルには、タスクを実行するための設定(つまりリソース割り当てと詳細プロパティ)が含まれています。

指定された実行プロファイルが[None] (なし)に設定されている場合、指定されたアーティファクト用にTalend Studioデフォルトの実行設定が定義されていればそれが使用されます。
情報メモヒント: 実行プロファイルの設定は、talend-remote-engine-wrapper.confファイルで定義されたエンジン設定とは異なります。後者はエンジンの環境設定を定義します。エンジン環境の設定の詳細は、Remote Engine設定ファイルをご覧ください。

ジョブの実行プロファイル

実行プロファイルを使えば、Talend Remote Engineやエンジンクラスターでジョブを実行するリソース設定を定義できます。カスタム値を入力するか、[Engines] (エンジン) > <RemoteEngine/Cluster_name> > [Run profiles] (実行プロファイル) > [ADD PROFILE] (プロファイルの追加) > [JVM arguments] (JVM引数)パスを使ってドロップダウンリストから選択します。

同じエンジンやクラスターでは実行プロファイルを複数作成できますが、実行プロファイルが属するランタイムは1つのみです。別のエンジンやクラスターで同じプロファイル設定を使用する場合は、そのエンジンやクラスターに新しい実行プロファイルを作成する必要があります。

ジョブタスクの作成または編集時に、その実行で使う実行プロファイルを選択できます。

データサービスとルートの実行プロファイル

タスクの種類によっては、選択したRemote Engineに対応する実行プロファイルが必要となります。この実行プロファイルの設定は、そのエンジンの作成時か、[Edit engine] (エンジンの編集)ウィザード([Engines] (エンジン) > <RemoteEngineName> > パス経由でアクセス可能)で行う必要があります。実行プロファイルを使えば、Talend Remote Engine Talend Runtimeやマイクロサービスランナーを有効にできます。

クラスターにRemote Engineを追加すると、その実行プロファイルの種類が保持されます。

パイプライン用実行プロファイル

所有するライセンスタイプに応じて、実行プロファイルにはRemote Engine Gen2Cloud Engine for Designでパイプラインを実行するための設定一式が含まれています。ランタイムに実行プロファイルで使用される適切なリソースの割り当てと詳細プロパティを定義できます。ライセンスやエンジンタイプに基づいて、さまざまな実行プロファイルのタイプを使用できます。

Remote Engine Gen2は複数の実行プロファイルを持つことができますが、1つの実行プロファイルが複数のRemote Engine Gen2に属することはできません。

Remote Engine Gen2で作成できる実行プロファイルのタイプは次のとおりです。
  • [Standard] (標準)
  • [Advanced] (詳細)

エンジンに実行プロファイルを追加した後は、実行プロファイルリストで表示されるようTalend Cloud Pipeline Designerページを更新する必要があります。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。