メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

パイプラインタスクで週トリガーを設定

タスクを一定期間中に定期的に実行する場合は、週トリガーを使います。

始める前に

タスクが存在するワークスペースで[Execute] (実行)権限を持っており、タスクの作成時や編集時に[Schedule] (スケジュール)ステップを設定できること。

このタスクについて

スケジュール設定は、1年の週数と開始日に応じて調整する必要があります。

1年が52週か53週かを判別する方法は?

大半の年は52週です。1年の最終週が53週目であり、該当年のその週に少なくとも4日ある場合、その1年は53週となります。例:
  • たとえば 2024年は月曜日から火曜日までが第53週であり、2025年は水曜日から日曜日までが第53週です。53週目には2日しかないので、2024年は52週となります。
  • 2026年は月曜日から木曜日までが第53週で、2027年は金曜日から日曜日までです。

このエンドポイントを使えば、次の実行をシミュレートできます。

年末や新年のスケジュールを変更したい場合は、週トリガーの開始日を編集したり、CRONトリガーを使用したりできます。

手順

  1. タスクを作成後に編集している場合は、その詳細ページに移動し、[Trigger] (トリガー)の横にあるアイコンをクリックします。
  2. [Add trigger] (トリガーを追加)アイコンをクリックします。
  3. トリガーの名前を入力します。
    名前は英数字、ハイフン( - )、ハッシュ( # )、アンダースコア( _ )のみにしてください。スペースや他の特殊文字は許可されません。
  4. [Trigger type] (トリガータイプ)ドロップダウンリストからWeeklyを選択します。
  5. [Location (time zone)] (ロケーション(タイムゾーン))フィールドで、実行のタイムゾーンを定義します。
  6. 実行の開始日を入力します。
  7. 次のフィールドの値を指定します。
    次の表には、週トリガーを定義するために使用するオプションが示されています
    フィールド 説明
    Xごとに繰り返す 実行の間隔を週数で定義します。
    [On] (日時) ドロップダウンリストから、1日または複数日選択します。
    [Repeat] (繰り返し) 次のオプションのいずれかを選択します。
    • [At specific time(s)] (特定の時間に): その週の特定の時間にタスクを実行します。

      [Trigger time] (実行日時)フィールドで、実行日時を選択します。

    • [At specific intervals] (特定の間隔で): その週の特定の間隔でタスクを実行します。
      • [Repeat every X minutes] (X分ごとに繰り返す)で、間隔を分単位で設定します。

      • [Repeat from] (繰り返しを開始)フィールドに、実行の開始時間を入力します。

      • [Repeat until] (繰り返しを終了)フィールドに、実行の終了時間を入力します。
    この例では、4週間ごとに火曜日と木曜日の午後5時から行われます。
    この例では、2週間ごとに月曜日と金曜日の午前10時から午後4時までの毎時間に行われます。
  8. [Save and close] (保存して閉じる)をクリックします。

タスクの結果

確認メッセージがページの上部に表示されます。タスクの詳細ページにリダイレクトされます。定義したスケジュールは、[Trigger] (トリガー) > [Trigger type] (トリガータイプ) > [Weekly] (毎週)の下に表示されます。

また、[Tasks] (タスク)タブでスケジュールを確認することもできます。[Triggers and plans] (トリガーとプラン)アイコンをクリックします。
トラブルシューティング:

DST (夏時間)に移行するタイムゾーンを選択した場合は、その変更のために繰り返される時間枠が実行スケジュールに影響し、後続の実行がそれに応じて調整されます。詳細は、DST (夏時間)を伴うスケジュールをご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。