メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

組み込みMongoDBと共にTalend Data Preparation 7.3.xに移行

始める前に

Talend Dictionary Serviceをインストールおよび使用して、カスタムセマンティックタイプを作成したり、事前定義されたセマンティックタイプをアップデートした場合は、Talend Dictionary Serviceを移行してから、Talend Data Preparationを移行する必要があります。Talend Dictionary Service 7.3.xに移行をご覧ください。

Talend Data Preparation 7.3.xをダウンロードします。

Talend Administration Centerをアップグレードします。詳細は、Talend Administration Centerをアップグレードをご覧ください。

手順

  1. 現在のTalend Data Preparationインスタンスを停止してください。ただし、MongoDBインスタンスは引き続き実行してください。
  2. 次のコマンドを実行してMongoDBをバックアップします。
    Linuxの場合:
    <mongo_path>/bin
    ./mongodump -h <source_mongodb_host>:<source_mongo_port> -d <source_database> -u <source_mongodb_user> -p <source_mongodb_password> -o <dump_output>
    Windowsの場合:
    <mongo_path>\bin>mongodump -h <source_mongodb_host>:<source_mongo_port> -d <source_database> -u <source_mongodb_user> -p <source_mongodb_password> -o <dump_output>
    組み込みMongoDBプロパティのデフォルト値は以下のとおりです。
    プロパティ
    mongodb.host localhost
    mongodb.port 27017
    mongodb.database tdp
    mongodb.user tdp-user
    mongodb.password duser
  3. Talend Data Preparationの前バージョンからMongoDBインスタンスを停止します。
    情報メモ注: Windowsユーザーの場合は、Talend Data Preparationをインストールする前に現在のMongoDBをアンインストールする必要があります。
  4. Talend Data Preparationをインストールし、組み込みMongoDBオプションを選択します。インスタンスは開始しないでください。
    Talend Data Preparationをサービスモードでインストールした場合は、インスタンスとMongoDBを停止します。
  5. データベースを削除します。
    1. Talend Data Preparationデータベースユーザーとしてmongoシェルを開き、次のコマンドを実行します。
      Linuxの場合:
      cd <install_dir>/mongodb/bin
      ./mongo dataprep -u dataprep-user -p dprep --port 27017
      Windowsの場合:
      <install_dir>\mongodb\bin>mongo dataprep -u dataprep-user -p dprep --port 27017
    2. Talend Data Preparationデータベースに切り替え: use dataprep
    3. データベースを削除: db.runCommand( { dropDatabase: 1 } )
    4. mongo shellを終了: exit
  6. 次のコマンドを使って、新しい7.3 MongoDBインスタンスでMongoDBバックアップを復元します。
    Linuxの場合:
    <mongo_path>/bin
    ./mongorestore -h <mongo_host>:<mongo_port> -u <mongo_tdp_username> -p <mongo_tdp_password> -d <mongo_tdp_database> <backup_location>
    Windowsの場合:
    <mongo_path>\bin>mongorestore -h <mongo_host>:<mongo_port> -u <mongo_tdp_username> -p <mongo_tdp_password> -d <mongo_tdp_database> <backup_location>
  7. 前バージョンの<Data_Preparation_Path>/config/application.propertiesファイルをカスタマイズした場合は、古い設定ファイルから値をコピーして、新しいバージョンに追加できます。
  8. 以前のTalend Data Preparationで使用されているデータセットストレージフォルダーのコンテンツを取得してバージョン7.3に移行するには、状況に応じて次の手順を実行します。
    • dataset.content.store.file.locationプロパティでカスタム値を設定した場合は、バージョン7.3のapplication.propertiesファイルでも同じ値を設定してください。
    • dataset.content.store.file.locationプロパティの値を一度も変更していない場合は、1.x/2.xで使用されている<Data_Preparation_Path>/dataフォルダーの内容をコピーし、同じパスに従って7.3のインストールフォルダーに貼り付けます。
  9. Talend Data Preparationを起動します。
  10. Talend Dictionary Service APIを使ってセマンティックタイプを再公開し、インデックスをLucene 8に移行させます。
    詳細は、Talend Dictionary Service管理ガイドをご覧ください。

タスクの結果

Talend Data Preparationを使用する準備ができました。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。