メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

R2020-11で注目される修正

Big Data

問題

説明

対象製品

java.lang.NoClassDefFoundError: org/apache/hadoop/fs/FSDataInputStream

この問題はSPARK_YARN_APPLICATION_CLASSPATHのデフォルト値をアップデートすることで修正されました。環境変数を参照するようになりました。

Big Dataを伴うTalendの全製品

7.3.1パッチを適用すると、log4j1ルーチン依存項目がlog4jの不正なバージョン(log4j2)を使用するようになる

log4j1でのプロジェクトであってもBigDataUtilシステムルーチンがlog4j2によって誤って設定されていました。この問題は、プロジェクトがlog4j2で設定されている場合のみlog4j2依存項目を追加することで修正されました。プロジェクトがlog4j1で設定されている場合、依存項目は削除されます。

Big Dataを伴うTalendの全製品

DIのtHiveInputが全ディストリビューションで認証タイプになっている

この問題は修正され、Google Cloud DataprocでtHiveInputコンポーネントを使用した場合のみ[Authentication Type] (認証タイプ)が表示されるようになりました。

Big Dataを伴うTalendの全製品

Linuxで軽量版のCDH 6.1を使用するとSpark Batchジョブの実行が失敗する

この問題は修正され、LinuxとWindowsの両方で軽量版のCDH 6.1依存項目を使用できるようになりました。

Big Dataを伴うTalendの全製品

Data Integration

問題

説明

対象製品

ライブラリーモジュールを設定するコンポーネント(tLibraryLoadなど)でMavenインデックスの問題が発生する 該当するコンポーネントは、依存するライブラリーのモジュール名の代わりにMaven URIを保持するようになりました。

Talendの全製品(ただしTalend ESBを除く)

Data Mapper

問題

説明

対象製品

ローカルブランチを元に戻す際にエラーが発生する ローカルブランチを以前の状態に戻すとエラーが発生してTalend Studioが使用できなくなっていた問題が修正されました。

TalendプラットフォームとData Fabricの全製品

Application Integration

問題

説明

対象製品

ジョブが呼び出されてルートからNexusに公開された場合、そのジョブのJarファイル内にあるjob.xmlのジョブのアーティファクトのバージョンが正しくなくなる

この問題は、Mavenターゲットリポジトリーが正しくクリーンアップされていないために発生します。修正されました。

ESBを伴うTalendの全製品

Talend Studioから順次公開すると Talend Runtimeのルートバージョンが正しくなくなる

この問題は修正されました。

ESBを伴うTalendの全製品

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。