メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

R2021-01で注目される修正

プラットフォームの互換性

問題

説明

対象製品

MacOS Big Surの表示問題 Talend StudioをMacOS Big Surにインストールする時に発生していた複数の表示の問題が修正されました。

Talend Studioを伴うTalendの全製品

Data Mapper

問題

説明

対象製品

パラメーターとして使用されている空のパラメーター Java関数にパラメーターとして使用されているエレメントに値がない場合でも、Talend Data Mapperがエラーを返さなくなりました。

TalendプラットフォームとData Fabricの全製品

ルートが停止した時に、DataSourceおよび関連付けられたプールが閉じない DatabaseLookup関数でルートを閉じた後に接続プールが開いたままになる問題が解決されました。

TalendプラットフォームとData Fabricの全製品

Application Integration

問題

説明

対象製品

cDelayerコンポーネントに使用されているコンテキストパラメーターが、ルート実行時にエラーの原因となる。

cDelayerでコンテキストパラメーターを使用してもエラーが発生しなくなりました。

ESBを伴うTalendの全製品

Beanクラスで設定されている値をcRESTコンポーネントの[Endpoint] (エンドポイント)フィールドで使用すると、コンパイルエラーが発生する。

コンパイルエラーが解決されました。

ESBを伴うTalendの全製品

レスポンスがHTTP 202の時にtRestClient呼び出しが何も返さず、残りのリクエストがスキップされる。

tRestClientがHTTP 202レスポンスを受け付け、続いてコンポーネントにレスポンスを返すようになりました。

ESBを伴うTalendの全製品

パスワードタイプのコンテキストを持つジョブが、Talend Cloudに公開された後にStudioで実行されず、NullPointer例外が発生する。

ジョブがクラウドに公開された時に、パスワードタイプのすべてのコンテキストパラメーターが明示的にクリアされる。修正されました。

ESBを伴うTalendの全製品

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。