メイン コンテンツをスキップする

Talend Cloud Pipeline Designer

機能 説明
プロセッサー

新しいプロセッサー:

  • Python 3プロセッサーは非推奨となったPythonプロセッサーに代わるもので、Pythonコードを使ってレコードを処理したり、サードパーティライブラリーをインストールしたりできます。

    現在のところ、このプロセッサーを利用できるのはRemote Engine Gen2を使う場合のみです。

  • Data Shaping Languageプロセッサーでは、Talendが提供するクエリー言語を使ったクエリーでデータを変換できます。

Talend Cloud Pipeline Designerの開始にあたっては、Talend Cloud Pipeline Designer入門ガイドをご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。