メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Talend Remote Engine

一般利用できるようになったTalend Remote Engine v2.11.7は、Log4J 2.17.0と共に動作するほか、マイナーな機能の強化が行われています。

最近報告されたLog4Jの脆弱性を回避できるよう、お使いのRemote Engineをこの新しいバージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。

Talend Studiov8.0またはv7.3からビルドされたアーティファクトについては、完全保護のため、最新のTalend Studioパッチをインストールした後にこれらのアーティファクトを再コンパイルして再公開する必要があります。

バグ修正項目と機能強化項目

問題 説明

TPOPS-2903

Remote EngineとCloud Engineがアップグレードされ、Log4Jに関する次のCVEが解決されました。
  • CVE-2021-44228
  • CVE-2021-45046
  • CVE-2021-45105
TPOPS-2783
タスクがランダムに失敗し、次のメッセージが表示される:
<message=Job execution already running>
TPRUN-2390 Talend Remote Engine v2.11.7では、 Talend Runtimeに同じルートやデータサービスのアーティファクトを複数のバージョンで展開するリスクを回避できます。

Talend Remote Engineの開始にあたっては、Talend Remote Engineユーザーガイドをご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。