メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

設定ファイルを使ってRemote Engineをペアリング

ローカルマシンのRemote Engine設定を構成して、Remote Engineとペアリングします。

インストーラーを使ってRemote Engineをインストールし、インストールプロセスでRemote Engineを既に定義している場合、設定ファイルは既にセットアップされています。このセクションは無視して構いません。

始める前に

  • Remote Engineをインストール済みであること。
  • Talend Management ConsoleでRemote Engineの論理エンティティを作成済みであること。

手順

  1. Talend Management Consoleを開きます。
  2. [Processing] (処理中)ページを開き、[Engines] (エンジン)タブをクリックします。
  3. [Environment] (環境)ドロップダウンリストで、エンジンの環境を選択します。
    また、検索ボックスやフィルターオプションを使ってリストをフィルタリングすることもできます。
  4. エンジンリストで、ペアリングをリセットしたいRemote Engineをクリックします。
  5. 表示される[Engine details] (エンジンの詳細)ブレードで、[Manage] (管理)タブをクリックします。
  6. ペアリングキーをコピーします。
    エンジンのペアリング状態に応じて、さまざまな情報が[Manage] (管理)タブに表示されます。
    • エンジンがペアリングされていない場合は、[Remote Engine key] (リモートエンジンキー)フィールドからキーをコピーします。
      [Engine details] (エンジンの詳細)ウィンドウに表示されるRemote Engineキーのスクリーンショット。
    • エンジンがペアリングされているものの、再インストールや接続問題の修復のためにキーをリセットしてエンジンを再ペアリングする必要がある場合は、次の手順を実行します:
      1. [Reset the connection] (接続をリセット)セクションで[Reset the key] (キーをリセット)をクリックし、対応するウィザードを開きます。
        Remote Engineペアリングキーのリセットのスクリーンショット。
      2. ウィザードの最初のウィンドウで、[Reset key] (キーをリセット)をクリックします。

        このウィンドウには、キーをリセットすることでタスクやプランに起こる影響に関する情報が表示されます。

        Remote Engineペアリングキーのリセットに関する情報ウィンドウのスクリーンショット。
      3. 2番目のウィンドウで、新しいペアリングキーをコピーします。

        このペアリングキーは事前認証キーとも呼ばれ、Remote Engineの設定でそのエンジンへの接続を設定するために使用されます。

  7. Remote Engineが起動している場合は、<RemoteEngineInstallationDirectory>/binフォルダー内の stopファイルを実行して停止します。
  8. <RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/preauthorized.key.cfgを開きます。
  9. パラメーターを編集します。
    remote.engine.pre.authorized.key
    事前承認済みキーを貼り付けます。この事前承認キーはリモートエンジンのペアリングキーです。
    remote.engine.name
    Remote Engineの名前を入力します。
    remote.engine.description
    Remote Engineの説明を入力します。
  10. ファイルを保存します。
  11. お使いのマシンでTalend Remote Engineコンソールを起動(trun )します。
  12. listと入力してEnterキーを押します。
    すべてのバンドルは[Active] (アクティブ)ステータスになります。

タスクの結果

Remote Engineがアカウントとペアリングされ、ステータスがTalend Management Console上の[Paired] (ペアリング済み)に変更されました。

Remote Engineによるタスクを実行ランタイムとして実行する場合は、エンジンが置かれているワークスペースにの右側に[Execute] (実行)があることをご確認ください。

エンジンで使用されているJavaバージョンを知る必要がある場合は、[Engine details] (エンジンの詳細)ブレードで[Configuration] (設定)タブをクリックします。そこで、起動に使用されるバージョンTalend Remote Engineと、タスクおよびプランの実行に使用されるJavaバージョンを確認できます。Talend Remote Engineはデフォルトで、起動時と同じJavaを使ってタスクやプランを実行します。

トラブルシューティング:
エンジンのKarafログに次のようなエラーメッセージが表示された場合は、エンジンのペアリングが失敗していることを意味します。
Error setting property: PropertyDescriptor <name: cleanInterval, getter: null, setter: [class org.talend.ipaas.rt.deployment.agent.impl.KarafDataMavenCleaner.setCleanInterval(long)]
このエラーは、<RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/org.talend.ipaas.rt.deployment.agent.cfgファイルのlocal.maven.clean.interval.daysパラメーター行の末尾にある空白が原因で発生します。
  • local.maven.clean.interval.daysパラメーターは、エンジンで使用されていないアーティファクトの自動クリーンアップを制御します。Remote Engineの回復力設定の詳細については、アーティファクトのクリーンアップを自動化をご覧ください。

この問題を解決するためには、local.maven.clean.interval.daysパラメーター行の末尾にある空白を削除してください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。